Cカード取得

スキューバダインビングをやりたい!と思って最初に???って思うのがCカードの存在です。大抵の人がまず「体験ダイビング」をして「もっと深いところ潜りたい!」「自分だけの力でダイビングしたい!」と思ってたどり着くのがCカードの取得です。まぁスキューバダイビングの入り口ってとこかな。

Cカードとは

車の免許とかと違い国の法律で定められている資格ではありません。世界中に様々なCカードを発行している民間団体( PADI・NAUI・CMASなど )があり、基礎やスキルを学びテストを受ける必要があります。Cカードを所有していないとファンダイビングは基本出来ません。私たちは世界でシェアが一番あると言われているPADI(パディ)のCカードを取得しました。

価格帯

ショップによって様々ですが平均50,000円前後で取得できます。「おすすめは?」とか聞かれますがもし身近でダイビングをしている人がいればその人に紹介してもらうのが一番だと思います。身近な人がいない場合はひたすら口コミチェックですw後は体験ダイビングをショップを変えて数回してみるのもいいかも。こればっかりはインストラクターとの相性になります。

一番安く取りたい人は家から近い場所のダイビングショップで聞いてみるのもいいと思います。 日帰りで3日間とかの講習もあります。 沖縄で取得する場合はライセンス他に交通費・宿泊代などかかるので。。まぁ旅行ついでに取ってしまうのもありですが。だいたい夕方には終わるので夜は遊べますよ!

価格の中には器材レンタル・教材費など含まれているのが多いので水着とタオル、筆記用具ぐらいあれば問題なし。

日数

だいたい3~7日間ぐらいで取得できます。自宅から近くのダイビングショップに通いながやる場合だとそれなりに時間がかかりますが沖縄に行って取得すれば3日~4日あれば大丈夫!僕の場合は前もってテキストを自宅に送ってもらい学科の予習を暇なときに軽くやって沖縄で3日間で取得しました。テストもありますが過去に落ちた人いんの??ってくらい簡単です。

一日目 学科講習 テキストを使って勉強!基本的なことを学びます。

二日目 浅瀬講習 足の着く浅瀬で器材の使い方など学びます。

三日目 海洋実習 ダイビングをしながら器材の使い方や中世浮力・コンパスの使い方など学びます。

格安・激安とか

めちゃくちゃ安いところとかもありますがしっかり調べないと器材買わないとダイビング出来ないよーっていう雰囲気を出されます!器材トラブルがあったら命に係わるよ!とか。。。そもそも器材の事聞いてないのに「これはあったほうがいい!」「絶対必要!」って言ってきたら間違いないですね。お店も商売だからしょうがないと思いますが・・・個人的にやっぱりスキューバダイビングはお金がかかるって最初の段階で思ってほしくはないですね。「器材はいりません!!」と断れるなら問題ないですが。

Cカードの上にスキルアップ

実際Cカードを取得している人はかなりの人数がいてCカード取得後全然ダイビングしてない人もいます。海外のダイビングポイントや流れのあるドリフトダイビング、深度があるポイント、洞窟などはCカードのみでは潜らせないショップも多いです。

ある程度スキルアップしたい方はワンランク上のライセンスを取得するのもいいとおもいます。

PADIだと

スクーバーダイバー
オープン・ウォーター・ダイバー(Cカード)
アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー 
レスキュー・ダイバー
マスター・スクーバ・ダイバー
ダイブマスター

他にも様々なプログラムがあります。まぁ趣味でやるならアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーまであれば問題ないです。それ以上は自分のスキルアップや安全対策として学ぶのもありですね!

記事一覧

沖縄!?関東!?ダイビングライセンス(Cカード)取得するならどっちがお得!?
「スキューバダイビングしたい!!」って思ったら最初に取得しないといけないのが「ライセンス」PADIだと「オープンウォーター」、Cカードとも呼びますね!ライセンスについてはこちらをどうぞ実際スキューバダイビングのライセンス取得って検索す...

 

タイトルとURLをコピーしました