バックルにウエイトベルトを通すやり方/スキューバダイビング

スポンサーリンク
ウェイト、ベルト

今年からセルフダイビングの初め軽器材→重器材と揃えてきましたが、ついにウェイト+ウェイトベルトを購入することにしました。

ウェイト・ウェイトベルトとはウェットスーツには浮力(プラス浮力)がある為それを相殺するためにBCDのウェイトポケットやウェイトベルトに鉛製のウェイトをつけます。
インストラクターさんにガイドをお願いするファンダイビングでは基本ウェイト、ウェイトベルト、タンクが料金に含まれていることが多いのですがセルフダイビングする場合ウェイト、ウェイトベルトを毎回タンクをレンタルする際に一緒に借りないといけません。
まぁ借りてもそんなに高くなく1日500円~1000円ぐらいが相場です。。
が!!!
これ30日借りると15,000円~30,000円です!!
こりゃ買った方が安いな!ウェイト+ウェイトベルト+プラスチックバックルで5,000円ぐらいで購入しました。

ちなみに購入したのはこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONIA/ZERO(ソニア/ゼロ) 鉛ウエイト1kg
価格:1061円(税込、送料別) (2019/9/28時点)

楽天で購入

購入後。。。一つ困ったことが・・・・・

このGULL(ガル)のウェイトベルトとプラバックル基本的に別売りで購入後自分でバックルにベルトを通さなきゃいけないんですよ。。

ネットで調べても情報がなく一日かけて調べましたw調べていると同じ事を思っている人が多かったので通し方を書いておきます。

プラバックルにベルトを通す

一応色々調べた結果これが一番と思い載せますが違う通し方もあるかもしれません
バックルはこんな感じ!パカッと開けると3本の通し穴があります。
①右側の穴に上からとおします。
②下から真ん中の穴に通します。
③一番左の穴に上から通します。
④一番最初に通した穴に下から通します。
完成!!!
写真でみるとすげぇー簡単ですねw
あとは長さなど調節してみてください。
バナーをクリックすると各器材について書いているブログをご覧になれます。
・重器材 BCD 

・レギュレーター・オクトパス・ゲージ

・軽器材 マスク・フィン

・ウェットスーツ 3mm・5mm・オーダー

・ダイブコンピューター

・カメラ

・ライト

・ウェイト、ウェイトベルト、バックル

コメント

タイトルとURLをコピーしました