青の洞窟 沖縄県真栄田岬でスキューバダイビング2020

スポンサーリンク
セルフダイビング

沖縄県本島で一番有名なダイビング、シュノーケルポイントである真栄田岬に行ってきました。ここはポイントから少し泳ぐと洞窟があり内部から入口側を見ると海水が青く見えることで有名な「青の洞窟」があります。

今回はここのポイントでセルフダイビングをしてきました。

場所・施設

住所:〒904-0417 沖縄県恩納村字真栄田469−1
管理事務所8:30 ~ 17:30
駐車場7:00 ~ 19:00
普通車最初の1時間 100円
以降、60分毎に 100円
シャワー・ロッカー・ドライヤー7:00 ~ 18:50
シャワー室1回 200円
ドライヤー1回 100円
コインロッカー1回 100円
ここのポイントは沖縄本島の中でも1番設備が整っています。

水深:3M~25M 透明度:10M~15M エントリー方法:ビーチ スキル:初級者

まずは遊泳出来るか確認

まずここでダイビングやシュノーケリングしたいと思ったらここの公式サイトから「本日の遊泳状況」を確認してください!旗の色で今日遊べるか決まります!ここのポイントは北、西風になると海が荒れる為南か東の風の時に行きましょう。

可能【○】遊泳できます

注意【△】ダイビング業者及びインストラクター引率で遊泳可能です。一般の方は遊泳できません。インストラクターライセンスカードの提示をお願いします

禁止【×】

遊泳できません

警報【×】遊泳できません。津波注意報・その他警報が発令されています。危険ですので、海に近づかないでください。

真栄田岬 – 真栄田岬の公式ホームページです

実際行ってみた

那覇から車で1時間弱で真栄田岬まで行けます!ここの駐車場は夏休みシーズンなどはめちゃくちゃ混みます。午前8時から10時ぐらいはヘタすると90分待ちとかありますよ。時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

シャワーは1回200円で温水です。軽く海水を洗い流すだけなら1回で充分ですが髪が長い女性などは400円持って行った方がいいですよ。100円硬貨のみ使用できます。

管理事務所の外側の通路にドライヤーがあります。

シュノーケルや水着などの販売もあります。また飲食店もありますよ!

■メニューの一部をご紹介
青の洞窟そば 850円
真栄田そば 750円
軟骨ソーキそば 700円
沖縄そば 650円
チキンカレー 650円
タコライス 650円
タコチーズ 550円
焼き鳥 500

駐車場で車のトランクを開けてダイビングの準備をします。そして地獄の階段。。。エントリーポイントまで階段を歩きます。。シュノーケリングはいいのですがダイビングの場合タンクを背負ってここを下り、ダイビング終了後上がってこないといけませんw

ガイドを付けたファンダイビングではガイドさんがタンクを運んでくれるショップもありますよ。

エントリー場所は岩場になっておりとても滑りやすくなってます!要注意!

エントリーポイントからガイドチェーン沿いを沖に泳いで潜行し、右側に泳いで行くと洞窟に到着します。←すごくざっくりした書き方。。

「真栄田岬 水中マップ」と検索するすると水中マップはたくさん出てきます。

洞窟内はこんな感じ!小魚の群れがいてワイド感ハンパなかったです!ちなみに平日のオフシーズンだった為人は少なめでしたが、普段は水面にシュノーケリングの人たちのフィンがすごい数ありますw

動画はこちら

ここの魚たちはダイバーやシュノーケルの人たちがエサをあげるので人にかなり慣れています。何もしてなくてもおびただしい数の魚が集まってきますw

青の洞窟と逆側。左ルート

またエントリーポイントからガイドチェーン沿いに行き、左側に行くと水深20mぐらいのドロップ沿いを楽しめます!こちらのポイントは体験ダイビングなどでは使わないので人が少なくておすすめです。

岩に沢山のウミウシがいるのでマクロ系が好きな人は楽しめます!

ドロップの上側には大型の魚の魚影も

個人的には洞窟の逆側の左コースのほうが好きです。

ちなみにタンクは宿泊している場所から一番近いマックスエアーさんでお借りましました。

シュノーケリングする方は下記のブログを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました