沖縄本島おすすめシュノーケルポイント3選(2020年)

スポンサーリンク
シュノーケリングポイント

沖縄=キレイな海!旅行に行った際は世界でもトップクラス透明度を誇る沖縄の海を堪能したいですよね。今回は沖縄本島のおすすめシュノーケルポイントをご紹介したいと思います。

シュノーケルは綺麗な砂浜のビーチでやっても面白くないってご存知ですか?

沖縄本島には白い砂浜の綺麗なビーチが沢山ありますが、そのような場所でシュノーケリングやってもおそらく楽しめないでしょう。

なぜなら魚が少ないからです!

その理由はまずはクラゲ防止ネットです。整備されたビーチには毒性のあるクラゲなどがビーチ内に入り込まないようにするためのネットがはられています。クラゲはもちろんのこと魚たちも入ってこれません。

また砂浜には魚のエサとなる貝類や海藻などが少なく、魚が隠れるような場所もない為魚が多く見られることはありません。

もちろんサンゴなんかもありません。

シュノーケリングの醍醐味は海の生物(クマノミ、サンゴ、イソギンチャクなど)を見る事です!

そんな海の生物を見たいのなら岩場のポイントに行きましょう!

潮の満ち引きもチェック

天気や風の向き、強さは前もって調べておく必要がありますが。せっかくなら潮の満ち引きも調べておきましょう!シュノーケルするなら満潮時の方が水深があっておすすめです!

ポイントによっては干潮時だと足首ぐらいの水深がずーっと続きます。

真栄田岬(青の洞窟)

沖縄本島で一番有名なポイントである「真栄田岬」ここは沖縄本島のシュノーケルポイントでは一番設備が整っています。

鉄板ポイント!真栄田岬「青の洞窟」でシュノーケリング
沖縄で一番有名なダイビング&シュノーケリングスポットでガイドを付けずシュノーケリングしてみました。シュノーケリング経験が少ない人やお子様がいる場合、シュノーケリング道具をお持ちでない方はガイドを付けた方が安全で道具を購入するより安く済みま...

駐車場(有料)、トイレ、シャワー(有料)はもちろん!自動販売機、食堂、ドライヤーまであります!ただここのポイントは北西の風が吹くと海況が荒れる為クローズになりやすいです。また砂浜が無い為ある程度のシュノーケル用の装備が必要になります。

真栄田岬「青の洞窟」シュノーケリングの注意点、必要なもの
ダイビングやシュノーケリングになれている人ならスルーして下さい。沖縄に家族や友達と遊びに来て初めて個人(ショップやガイドを付けない)でシュノーケリングをするという人は絶対見てください。どこの海もそうですが、真栄田岬【青の洞窟】の事故の多く...

エントリーポイントが岩場でとても滑りやすく、とても狭い!しかも夏は混雑する為ゆっくりエントリーすると人の渋滞が発生します。小さいお子様を連れてのシュノーケルは少し難易度が高くなります。

ゴリラチョップ

↑写真天気悪くてすみません。。。。沖縄本島の北部に位置する本部町にあるポイントです。砂浜にある岩が「ゴリラがチョップ」しているように見えることからこの名前がつきました。ここは砂浜からも。駐車場直結の階段からもエントリー出来ます。砂浜の中に岩場があります。

管理施設もありトイレ、シャワー、自動販売機があります。ここのポイントの良いところは何といっても砂地!真栄田岬みたいにエントリーポイントが狭くない為砂浜のどこからでも海に入れます。ビーチ感覚でシュノーケルを楽しめるポイントです!駐車場も無料です!近くにローソンもありますよ!

シュノーケル&ビーチでまったり&なんならビーチでBBQも出来ちゃいます!

ここのポイントは砂地なんですが水中に沢山の岩場にサンゴがついています。シュノーケルではないのですがダイビングのブログを参考にしてみてください。

1ダイブ500円‼ゴリラチョップでセルフダイビング
沖縄本島の名護より北に行ったダイビングポイント「ゴリラチョップ」でセルフダイビングしてきました。風や波の影響を受けることが少なく初心者でも楽しめるポイントです。今回の沖縄旅行では「とにかく安くダイビングをしよう」がテーマでした。沖縄でイ...

ここのデメリットは那覇宿泊だと遠い事。。高速使って90分程度かかります。

トケイ浜(古宇利島)

古宇利島は今じゃ沖縄本島では有名な観光スポットです。2005年に隣の屋我地島から橋が出来て車で行ける島になりました。

古宇利島に向かう橋を通過するだけで行く価値があります。本当に綺麗な青い海を見ることが出来ます。橋を渡りすぐに駐車場、シャワー、トイレ、定食屋、ブルーシールアイス、小さい地元の食材やお土産など販売しているお店があります。

今回ご紹介するのはそんな島の入り口から奥に進んだところにあるトケイ浜!

ここは沖縄本島でも穴場スポットです。島というだけあって透明度は抜群です!

無料の駐車場がありますが10台程度しかとめれません。おそらく9時ぐらいでギリギリ駐車出来るかなーって感じです。早めに到着する方が良いです!

上記の写真のようにリーフになっているのでリーフより外に出なければあまり流されることもありません。ちなみにこの浜は第1~第6まであります。

トイレ、シャワー(有料)もあり、シーズン中はパラソルなどの貸し出しもあります。シュノーケルするなら第3トケイ浜がおすすめです。

ここのポイントも満潮時が狙い目!

おすすめシュノーケルグッズ

まずは最低限マスク、フィン、スノーケルの3点は必要です。下記のようなセット販売が価格も安くて良いでしょう!

真栄田岬などのエントリーが岩場のポイントは足を怪我する可能性があるのでマリンシューズは必須です。出来れば砂地でもあった方がいいですよ!砂の中にガラスとかよくあるので。。。

小さいお子様や泳ぐことになれていない人はフロート必須です!下記のフロートは空気で膨らますタイプなので場所をとらなくて便利です。

日焼け防止!!沖縄の人は水着のみでシュノーケルは絶対しません!あっという間に日に焼けてしまいます!っというかヤケドします!ラッシュガードは絶対着用して下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました